中学・高校留学

カナダを選ぶ理由

  • 安全で生活環境が良好。
  • カナダ政府の未成年の学生後見人(Guardian) の義務づけによる安心。
  • アカデミックレベルは学校で多少異なるが、私立・公立に関わらず比較的に高い。
  • 多国籍文化に慣れている国民性で、とてもフレンドリー。
  • 自然に溢れた環境。
  • 英語のみだけではなくフランス語のみ、または英語・フランス語の混合も可能。(ケベック州、ニュー・ブランズウィック州)
  • HEKI Canadaスタッフの現地サポート。

高校留学は、親御様にとっては思い切りのいる決断です。カナダの教育システム、学校情報、現地の環境を十分に理解した上で、しっかりとプランを立てることが成功の鍵です。

カナダの教育システム

カナダは10の州と3つの準州からなる連邦国家で、面積は日本の約27倍と広く、人口はおよそ3,575万人います。カナダでは、憲法で教育に関しては州が責任を持つことが定められています。日本のように国レベルで教育を管轄せず、州政府の教育省が、教育内容やカリキュラムなど教育にかわることはすべてが行います。 カナダの学校は毎年9月の初旬にスタートし、翌年6月下旬に終了します。カナダは日本の教育システムが違います。またカナダ国内でも州によって異なります。ケベック州では人口 821万 人で、オンタリオ州に次いでカナダで 2 番目に人口が 多い州です。フランス語が公用語と定められていますが、モントリオールではフランス語だけではなく、英語も同様に使われています。ケベック州の学校体系は、他の州とは少し異なり、高校後の CEGEP(2年制または 3 年制)があります。CEGEP は公立カレッジと専門カレッジで構成され、2 年間の大学入学前プログラムと 3 年間の技術プログラムがあり、修了後は、カレッジ教育修了証書(Diploma of College Studies、略称:DCS )またはカレッジ教育証明(Attestation of College Studies、略称:ACS )が授与されます。

ケベック州
Education System in Quebec

ケベック州以外
Education System outside Quebec

高校の特徴

【公立校】公立校の場合、各州の教育省がそれぞれの学区に教育委員会(スクールボード)を設けています。スクールボードは、多数の学区内の小学校から高校までの管理運営を行っており、留学生の手続きなども管理します。カナダの公高校は私立高校と同様に、高い教育水準を維持しています。IB Program  (International Baccalaureate® 国際バカロレア )を提供するIB認定高校もあります。

【私立校】私立高校は、各学校独自の教育方針に基づき運営されており、学校によって形態も様々で男子校も女子校も共学もあります。私立高校は、公立学校に比べると留学生の受入規定が厳しい傾向にあります。IB Program (International Baccalaureate® 国際バカロレア )を提供するIB認定高校もあります。

【留学費用の目安】

    • 年間費用 (10ヶ月)
    • 学費 CAN$
    • 滞在費 (食事込)
    • 公立高校
    • $9,000~
    • $1,200+/month
    • 私立高校
    • $12,000~
    • $1,200+/month

その他の費用として、教科書&制服、ホームステイ、空港送迎サービス、保険料、未成年後見人手続き&サポート*などがあります。

未成年後見人(Guardian) 手続き&サポート* 未成年者(QC州の場合18歳未満) が1人でカナダ滞在する場合、必ず後見人(guardian)が必要となります。カナダ滞在時の法的保護者を示す書類(カストディアンシップ・レター)は、渡航前(学生ビザ申請前)に手配する必要があり、これは、カナダ移民局 (CIC: Citizenship and Immigration Canada)によって定められています。カナダでは、HEKI Canada日本人担当者が後見人となります。手続きとしては、カナダ移民局 (CIC: Citizenship and Immigration Canada)からの必要書類をHEKI Canada後見人と日本の親御さまで記入し、両方のサイド(カナダ、日本)によって 公証人役場で宣誓を行います。 カナダでの公証人料金(公証人への支払い)は1万円程度。日本側は、最寄りの公証人役場でご確認ください。HEKI Canadaの未成年後見人サポート費の中には、下記のサービスが含まれています。

  • カストディアンシップ・レター作成&手続き (日本側カストディアンシップ・レターの公証費は含まれていません。)
  • 月1回の生徒カウンセリング
  • 月1回のホームステイカウンセリング
  • 年2回のホームステイ訪問
  • 月1回の学校担当者との懇談
  • 現地生活オリエンテーション
  • 24時間緊急サポート
  • その他、生徒様のための必要サポート

留学タイプ

  1. 短期留学(サマーキャンプ OR 1学期のみ)
  2. 長期留学(1年間またはそれ以上)

[短期留学]

  • サマーキャンプ
    • 夏の短期留学には、語学学校が提供するものと教育員会(スクールボード)がするもの、また私立高校が提供するものと様々です。基本的なスケジュールとしては、午前中に語学の授業で午後はアクティビティーとなります。 サンプルスケジュール (YMCA)
      • 月曜日〜金曜日
      •  
      • 8:00 am to 9:00 am
      • 自由時間(ゲームなど)
      • 9:00 am to 12:00 pm
      • 英語またはフランス語クラス
      • 12:00 pm to 1:00 pm
      • ランチ
      • 1:00 pm to 4:00 pm
      • スポーツ・レクリエーション
      • サマーキャンプ費用目安
      • 教育委員会(スクールボード)の一例
      • 8月末の2週間キャンプ
      • 語学コース、アクティビティー、ホームステイ込み
      • $1,850
      • 語学学校の一例
      • 7月の3週間キャンプ
      • 語学コース、アクティビティー、ホームステイ込み
      • $1,935
    • *サマーキャンプは2または3週間から申し込みが可能です。ニュー・ブランズウィック教育委員会:フランス語2週間サマーキャンプ
  • 1学期のみ
    • 前期または後期のみ カナダの学校は毎年9月の初旬に始まり、翌年6月下旬に終了します。前期と後期の2期制となっており、前期は9月から1月、後期は2月から6月までと、ともに5ヶ月間です。学校側からは後期より、前期をとることを勧める学校が多いです。留学費用としては、上記 “高校の特徴 [留学費用の目安] “の年間費用の半分くらいを目安にしただけます。
      • 年間費用 (5ヶ月)
      • 学費 CAN$
      • 滞在費 (食事込)
      • 公立高校
      • $6,000~
      • $1,200+/month
      • 私立高校
      • $8,000~
      • $1,200+/month

[長期留学]

長期留学は、1年(10ヶ月)以上の留学です。公立高校・私立高校・全寮制私立高校で、目的に応じた学校を希望できます。詳細は、HEKI Canadaまでお問い合わせください。

[特別プログラム]

A+Academyは、船舶での全寮制私立学校です。アカデミック・イヤーの1年をかけ世界中を渡航し、必要なアカデミック・カリキュラムを全てカバーし、その上、セーリングスキルや第二ヶ国語などを学びます。特別なプログラムであるため、学校の基準に達したインターナショナル生徒のみが受け入れられます。詳細は、HEKI Canadaまでお問い合わせください。

こんなブログ記事も読まれています。→ モントリオール高校試験